rug

『 HIPPO CRAFT - RUGS- 』で登場します絨毯のご紹介です。

f0240559_09585342.jpg





























「なんだこのライオン!? すごい模様の絨毯!!」と思われる方も多いとは思いますが、
その名の通り『ライオンラグ』と呼ばれているカテゴリーのものです。

数年前から、雑誌や家具屋さんで多く目にするようになった「ギャッベ」は皆さんご存知のことと思います。
そのギャッベからヒントを得た新しいタイプのコンテポラリーギャッベと呼ばれるものがこのライオンラグ。

ギャッベは元々は遊牧民達が自分たちのベッドに敷く為のものとして、毛足の長いシンプルなデザインのものを
作っていたところ、そのモダンさ、かわいさにバイヤー達が目をつけ世界中に流行らせた。というもの。
同時期に、イラン、ファース州の遊牧民達も権力や力の象徴としてイメージしていたライオンを
同じような手法で絨毯に織り込んでいたのです。

しかし、どのライオンラグをみてもライオンが全くライオンに見えない…
似てないどころか、猿のようなライオンがほとんど。
それもそのはず、この地方にはライオンは存在せず、また今のように情報網が発達していないために
織っている女性達は本物のライオンなんて見たことないのです。
だから、織り込まれたライオンの顔は身近にいる眉毛が太く彫りの深いこの地方の男性の顔に似ている…という訳です。

私は、これらのライオンラグは精密緻密に計算されて工房で織られたペルシャ絨毯と比較してみるものでは決してなく
世界に唯一無二の遊牧民のARTとして楽しむものと考えます。

子どもの落書きのようにも見える、このユニークで芸術性にあふれたライオンラグを
ぜひ見にいらしてください。

f0240559_10375375.jpg





























2016/ 10.7(金) → 10/11(火)  12:00 → 19:00

『HIPPO CRAFT -RUGS-』

ANCHORET
広島市中区土橋町2−43 1F
(広島電鉄 土橋電停より徒歩5分)

お問合せ/ HIPPO CRAFT ウエキまで  090-6400-9636
















[PR]
by hippo-craft | 2016-09-14 10:46 | Comments(0)
<< rugs rug >>