お抱え大工

廿日市市宮島口にあるイタリアンレストラン『ポリポ』さんは
オープンされて一年足らずの頃からの知人。
そんなにしょっちゅうご飯を食べに伺う訳でもないですが
職人同士同じにおいがするのか、シェフと主人は最初から意気投合。

行くたびに、「次はここに棚が欲しいんだけど〜」とか
「ここにフックをつけてくれない」とか
いろいろとご注文を頂き主人はポリポさんのお抱え大工となっております。

イタリア帰りのシェフからの次のご注文は大量のワインを飾る収納棚。
頭の上にずらりとおいしいワインを並べられるようになっております。

我が家は子ども達もここのナポリピッツァの大ファン!!
宮島にお越しの際は、フェリー乗り場近くのポリポへ是非!

f0240559_1631545.jpg
[PR]
# by hippo-craft | 2013-02-27 16:41 | Comments(0)

2013ここから

年末のかくれ舎さんでの個展でお客様から頂いたご注文を日々こなしてはおりますが
なんせ日中は本業の方がありますので
まだ商品をお届けできていない方も。
お待たせしている方、本当に申し訳ございません。

2013年はお友達のご紹介から
中区土橋にありますbar『LOG』さんにスツールを置いて頂いています。
以前から、キャンドルナイトなどで何度かお邪魔したことがあり
「いつかここに椅子おいてもらいたいよね〜」
って夫婦で思っていたお気に入りの場所でした。

うちっぱなしのコンクリートの壁にアンティークの什器がとてもシックな
居心地のよい空間です。

息子たちはここのミックスジュースがお気に入り。
行かれた方はぜひご賞味あれ。

f0240559_16142523.jpg
f0240559_16133238.jpg

[PR]
# by hippo-craft | 2013-01-31 16:17 | Comments(0)

2012冬 絨毯展示会

二度目の『妻の絨毯 夫の椅子 展』を
2012年11月末からの1週間、「ギャラリーかくれ舎」さんにて開催。

f0240559_110467.jpg


椅子は前回とは違う、9点の新作をご用意。
半年間の間にこれだけの新作を用意するのはかなりハードそうでしたが…

DMにちらりとバックスタイルが写っている座面ウォルナットのスツール。
こちらが今回一番のお気に入り。
座り心地もとっても良いと、今回一番多くのご注文を頂いた一脚でした。
ウォルナットは主人もお気に入りの材。1脚づつ木目が微妙に違い、時が経てば経つほどに
味わいが増してくる材です。

f0240559_11161370.jpg


和室にディスプレイした絨毯。
床の間には長さのあるシャーサバン産のキリムを掛け軸風に。
バルーチの渋ーい絨毯(左)とトルクメニスタンの少し明るめのかわいい感じの絨毯(中央)を
重ねて。畳に敷くのもとってもかっこいいんですよ〜。

f0240559_11214386.jpg


こちらはキリムコーナー。
グーチャン産が今回は多かった。私が好きだからどうしても同じようなテイストのばかり。
落ち着いたアースカラーだけど柄がかわいいのでお部屋が明るく。

キリム、絨毯ともに敷き方、使い方が難しいってお声が今回も多かった。
和室にも洋室にも廊下にも、床があればどんなふうにも敷けるのに!!
コーディネートを含めてこれからどんどんご提案をしていきたいなぁ。

f0240559_11324257.jpg

[PR]
# by hippo-craft | 2013-01-28 11:34 | Comments(0)

KID'S CHAIR


2012春の個展のために制作したKID'S スツール。

この当時は、「子ども椅子専門で今後やって行こう!」なんて言ってましたが
その決意もあっという間に消え、大人用スツールなどいろいろなもの作ってます。

座面が回転するの?ってよく聞かれましたが、回転しません。


f0240559_1043681.jpg
f0240559_10421857.jpg

[PR]
# by hippo-craft | 2013-01-28 10:52 | Comments(0)

初個展 2012「妻の絨毯 夫の椅子展」

2012の活動をプレイバック

2012年5月末より 広島市西区「ギャラリーかくれ舎」さんにて

『妻の絨毯 夫の椅子 展』  を行いました。

f0240559_1118131.jpg

二人にとっては人生初の個展。
DM作成、会場探し、告知、仕入れから何からなにまで初めてだらけのことばかりで
あれはいるの?これはどうなの??
って不安だらけだけど毎日楽しく準備をしておりました。

そもそも、個展をやろうというきっかけが
イラン、アフガニスタンのバルーチ族という遊牧民の絨毯やキリムが大好きで長年我が家でも
愛用してきているのですが、広島ではほとんど見かける事がない…
(バルーチ族は深ーい赤色と濃紺が魅力的なすばらしい絨毯を織る部族です。)
我が家も気に入ったものを少しづつ集めてきているのですが、家に敷けるスペースも限度があり。
それならば、広島の人にもこんな素敵な物があるってことを知ってほしいから
絨毯、売ってみるか!!
そんな流れから、絨毯の仕事に携わるようになったのです。

時を同じくして、家具作りの好きな夫も自分の作品をもっと多くの方に見てもらいたい!
それならば二人でやっちゃうか!
我が家でも木の家具と絨毯はどちらも欠かせないもの。
相乗効果っていうのかな、引き立てあうのです。


個展をやろうと決めてからの半年間はあっという間。
なんだかんだで無事に初日を迎える事ができました。
1脚でも売れれば、一枚でも売れれば…はたしてお客様に来て頂けるのか…なんて心配もありましたが
ふたを開けてみれば、多くの知人友人もお祝いに駆けつけてくれたりで大盛況!!
初めてお会いするお客様も多く、お一人お一人にゆっくりご説明できなかった時も。

絨毯とキリムの違いを真剣に聞いてくださる方。
いろんな椅子を座り比べてじっくり選んでくださる方。
初めてこんな絨毯見ました!お金貯めていつか買いたい!って言ってくださった方。
お越し頂いた皆様ほんとうにありがとうございました。

たくさんのお客様に出会えた事が私たちにとってすごく大きな収穫でした。

f0240559_1154426.jpg

f0240559_11424438.jpg
[PR]
# by hippo-craft | 2013-01-25 12:02 | Comments(0)